国指定・国分寺大イチョウ

国指定・国分寺大イチョウ

 〈国指定〉昭和28年3月31日
〈所有者〉国分寺
〈所在地〉総和町1丁目83番地
〈樹齢〉推定1,200年
〈員数〉1本
イチョウ(1本)目通り約10m、高さ約37m
飛騨国分寺の本堂と鐘楼門との間に位置し、樹齢およそ1,200年の雄株で、枝葉密生し、樹間の所々に乳を垂れ、樹勢は盛んである。
由来については往昔行基菩薩の手植と伝えられる。俗に乳イチョウの名がある。乳の出ない母親にこの樹膚を削り与える時は乳がよく出る、といわれている。根元に石像が祀ってある。
昔から、国分寺のイチョウの葉が落ちれば雪が降る、とも言い慣らされている。
参考文献
『高山の文化財』218~219頁 高山市教育委員会発行 平成6年

 

関連資料

1-1-1 国指定・国分寺大イチョウ

資料集

001_210_国分寺大イチョウ