本能寺跡

本能寺跡
天正10年(1582)6月2日、明智光秀が謀反を起こして、京都本能寺に宿泊していた主君織田信長を襲撃した。包囲された信長は、寺に火を放ち、自害して果てた。
 信長の嫡男織田信忠は、妙覚寺から二条御新造に退いて戦ったが、万策尽きて自害した。長近の嫡男忠次郎も二条城で一緒に亡くなっている。
<寺町御池の本寺>
 京都府京都市寺町御池にあり、寺名は「大本山 本寺」である。一般的には、本能寺と呼称されている。
 天正17年(1589)、秀吉は本能寺の再建を現地再建でなく、寺町御池に移転を命じた。
 本能寺の戦没者合祀碑には、金森長近の嫡男金森忠次郎の名前が記されている。
リーフレットより

本能寺 由緒沿革
当山の宗名は「法華宗」くわしくは「妙法蓮華経宗」という。
宗祖日蓮大聖人の滅後133年開基日隆聖人が法華宗の正義を再興せんが為、応永22年(1415)布教の根本道場として創建された。
史上有名な「本能寺の変」は、天正10年6月2日、一代の英雄信長も光秀の不意襲○を受け、当山の大伽藍と共に一辺の煙と化した。時の本能寺は四條油小路に在り、秀吉の代寺領換地となり現在地に移転。信長の第三子信孝の願いにより、当山内に信長公廟所をまつる。
現本堂は創建以来の第七建立、建築様式は鎌倉室町時代の粋を集め、およそ10ヶ年の歳月を費して昭和3年に完成、 大正、昭和期に於ける我が国の代表的木造寺院建築といわれる。
大本山本能寺
説明板より

 

関連資料

2-9-1 本能寺跡

2-9-3 本能寺 由緒沿革

2-9-2 金森氏の関ヶ原合戦東軍参加まで