東山神明神社

東山神明神社
東山神明神社は岐阜県高山市天性寺町に鎮座している神社です。東山神明神社の創建は不詳ですが、古くから飛騨国主や歴代領主から崇敬庇護され、錦山神社、東山白山神社と共に東山三社に数えられました。絵馬殿は元々高山城の月見殿だったと伝わる建物です。月見殿は元禄5年(1692)、高山藩6代藩主金森頼時が出羽国上山藩(現山形県上山市)に移封に伴い元禄8年(1685)に高山城が取り壊しとなり東山神明神社境内に絵馬殿として移築されたそうです。絵馬殿は17世紀に建てられたもので寄棟、銅板葺、吹抜け、高欄付、桁行6.32m、梁間4.25m、絵馬4面(正保2年:1645年・明暦元年:1655年・延宝2年:1674年・天和2年:1682年)と共に昭和39年(1964)に岐阜県指定重要文化財に指定されています。社宝として円空上人が彫刻した柿本人麿坐像(製作年:17世紀、像高50.2cm)を所有しています。祭神:天照大神。
(引用:https://www.gifureki.com/takayama/higasiyama.html)