火打峠

火打峠
飛騨支路・火打峠(ふくらい ひうちとうげ)
下呂市市金山町福来
益田(ました)川流域左岸、中津原(なかつはら)の北に位置する。東方へ谷に沿って奥洞・野首の集落があり、火打峠を越えて火打に出る。江戸初期には支村名野首をもって称した例もある。
〔近世〕福来村 江戸期~明治8年の村名。飛騨国益田郡下原(しもはら)郷のうち。支村に奥洞・野首がある。
〔近代〕福来 明治8年~現在の大字名。はじめ下原村福来組と称し、明治22年からは同村の大字。
<引用文献>
「角川日本地名大辞典」編纂委員会 竹内理三編集『角川日本地名大辞典 21 岐阜県』角川春樹発行 昭和55年