金森家累代供養塔 金森家殉死者の墓

金森家累代供養塔 金森家殉死者の墓
京都へ改葬された金森家の墓地跡に立つ供養塔の左右に、主君に殉死した家臣の墓石が集められている。
向かって左の内側の2基は、元和元年(1615)閏6月3日没した金森家第2代可重(ありしげ)に殉死した森石衛門九郎政吉と山蔵縫殿(ぬいの)助(すけ)宗次のもの。外側のもう1基は、正保4年(1647)8月7日に没した金森家第3代重頼(しげより)の9男重利に殉死した野田源五左衛門清次のもの。
供養碑の右側の4基は、慶安3年(1650)4月7日に没した重頼に殉死した平岡三郎兵衛忠勝・遠藤右京頼忠・大野瀬兵衛長矩・西塚三郎左衛門忠明のものである。
殉死は家臣が死後も主君に奉公する意味で、寛文3年(1663)幕府はこれを禁止した。
高山市教育委員会
説明板より

大原彦四郎の墓
飛騨の第12代代官大原彦四郎紹正(つぐまさ)は明和2年(1765)高山陣屋に着任し、幕府の方針により御用木元伐休止や検地による増石などにより、郡代に昇任した。しかしこれら厳しい政策は領民の反発を招き、明和・安永の大原騒動が起こった。一方彦四郎は俳句を嗜み、清流亭楚諾と号して俳壇水音社(すいおんしゃ)を結成し、その宗匠となった。安永8年(1779)9月22日陣屋にて没し、墓には側面から裏にかけて彦四郎の事績と俳句が刻まれている。墓は建立当初から幾度か倒され破損している。向かって右は、長男勝次郎照正の墓で、こちらも傷みが甚だしい。
第13代郡代を継いだ子の亀五郎正純(勝次郎の弟)も失政が続き、天明の騒動を引き起こしている。
高山市教育委員会
説明板より

 

 

関連資料

2-22-1 金森家累代供養塔 金森家殉死者の墓

2-22-2 大原彦四郎の墓