白鳥神社 拝殿踊り

白鳥神社 拝殿踊り
上市白鳥町は、岐阜県を流れる長良川の源流域に位置し、美濃馬場、白山中宮長滝寺(現白山神社・長滝寺)を中心に、白山信仰とともに栄えてきた町です。そして、白鳥の拝殿踊りは江戸時代の中頃から現在の白鳥町各地域において、お盆の時期に神社の境内で踊られていたもので、今は、白鳥神社・野添貴船神社・前谷白山神社などに残るのみとなっています。夕刻、神社の拝殿には大きな切子灯籠が吊るされ、その明かりの下で踊る素朴な踊りで白山の自然の恵みと信仰文化に培われた盆踊りです。
白鳥の拝殿踊りは美濃馬場白山信仰圏に成立した盆踊りである。白鳥及び郡上地域の踊りについては、長滝寺「荘厳講執事帳」(白鳥町史史料編)天和2年(1682)の項に、踊りの記録があり、また享保8年(1723)の経聞坊「留記」(白鳥町史史料編)に「盆中お宮にて踊申事、奉行より停止の書状到来」とあり、江戸時代中期以来、現白鳥町地域をはじめとする寺社境内において、盆踊りが行われていたことが判明する。江戸時代の盆踊りの内容については、「場所踊り」を中心に、いくつかの踊り曲が越前及び荘川方面から伝わり、踊られたと考えられる。白鳥拝殿踊り保存会は、「白鳥神社・貴船神社等でそれ以前まで盆踊りとして伝承されてきた古い踊り種目を伝承していく」という基本線を守ってきた。同保存会は白鳥神社拝殿において8月17日夜、貴船神社拝殿において8月20日夜、楽器や太鼓を伴わない本来の拝殿踊りを行っている。保存会が保存伝承している踊りは以下の8種目である。
(1)源助さん(2)シッチョイ(3)ヤッサカ(八ッ坂)(4)猫の子(5)ドッコイサ(神代)(6)ヨイサッサ(老坂)(7)エッサッサ(世栄)(8)場所踊り