天龍寺文書  第698号 篠原長房書状

天龍寺文書  第698号 篠原長房書状(文書形式)
698 篠原長房書状
 就御寺領物集女庄野之儀、
 芳書令拝見候、様躰無案内之儀
 候条、三向可申談候、
 有様之上不可存疎意候、
 仍青銅参十疋被懸御意候、
 本望之至候、猶追而可得貴意候、
 恐惶謹言
  十一月十三日   長房(花押)
 出官
 奉行
 単寮
 臨川寺
 雲居庵
      御報
(解説)
永禄九年(1566)十一月十三日の文書と推定されている。篠原長房は、阿波国の三好氏の家臣。室町幕府十四代将軍の足利義栄を奉じて、畿内に上陸し、その存在感を示した。
この文書は、政情が安定しなかった京都周辺の状況を表したものである。
天龍寺領の山城国物集女庄(現在の京都府長岡京市周辺)の知行を引き続き天龍寺が望み、篠原が、その意を三好長逸に伝えたとある。
戦乱が広がるにつれて、天龍寺の寺領が、荒らされていくことになる。
関連資料
天龍寺文書  第698号 篠原長房書状(文書形式)