慈恩禅寺

慈恩禅寺
岐阜県郡上市にある慈恩禅寺は慈恩護国寺が正式名です。1606年八幡城主であった遠藤慶隆公により開基されました。明治26年に豪雨により山門以外は埋没したものの、明治29年に再建されました。また、山内一豊の妻である千代は郡上藩の遠藤家の生まれとされていて、ゆかりのお寺であり、遠藤家記はお寺で保存されています。またお寺の庭園は「てっ草園」とよばれ、室町様式で大変美しく、庭にある鉄琴窟の音色は素晴らしいと、リピーターも多く訪れています。(引用:https://loco.yahoo.co.jp/place/g-vpsiBP2zb8k/?utm_source=dd_spot&sc_e=sydd_spt_slo_n_p_ttl&lsbe=1)