下之保

下之保
飛騨支路・下之保
 下之保 <しものほ・関市武儀町>
下保とも書く。長良(ながら)川支流津保(つぼ)川流域の山麓、津保谷の入口付近に位置する。地名は、津保川流域を上・中・下に分け、下流部に当たることによる。
〔中世〕下保 戦国期に見える地名。美濃国武儀(むぎ)郡のうち。
〔近世〕下之保村 江戸期~明治22年の村名。武儀郡のうち。はじめ幕府領、元和元年から尾張藩領。
〔近代〕下之保村 明治22年~昭和30年の武儀郡の自治体名。
〔近代〕下之保 昭和30年~現在の大字名。はじめ武儀村、昭和46年からは武儀町の大字。
<引用文献>
「角川日本地名大辞典」編纂委員会 竹内理三編集『角川日本地名大辞典 21 岐阜県』角川春樹発行 昭和55年