国指定・吉真家

国指定・吉真家
 〈国指定〉昭和52年6月27日
 〈所有者〉高山市
 〈所在地〉上岡本町1丁目590番地
             飛騨民俗村構内
     (旧所在地 吉城郡河合村角川)
 〈時代〉安政5年(1858)以前
 〈員数〉1棟
  主屋(1棟)桁行13.9m、梁間9.4m、入母屋造、茅葺、南面下屋付属、板葺
 吉真家は角川(つのがわ)にあったが、ここは宮川と小(お)鳥(どり)川の合流するところで河岸段丘になっている。中央部に南面して建てられ、安政5年(1858)の角川地震以後、礎左衛門が小鳥川上流の「保(ほ)」から移築した。昭和45年11月から半年かけて現在地の飛騨民俗村へ移築している。
 この家は、飛騨でも有数の豪雪地帯にあり、また角川地震にも耐えてきただけに、どっしりとした土台、太い柱や梁、桁を用い、構造は簡潔で規則的である。また広間型3間取りの平面や、妻が大きい点では富山県の民家と似ている。
 内部は、中央部「オエ」の大広間を中心に「デイ」と「ネドコ」が居室部となり、反対側に「マヤ」と「ニワ」があるという3つの構成になっている。「ニワ」は囲炉裏を切り、作業空間としての役割と炊事場の役割を持っていた。「マヤ」は家畜の排泄物を集めて肥料としたため、地面を低く掘り下げている。広い2階は養蚕の室として使っていた。
 構造は特徴ある架構で、左右側面、特に4隅にあたる柱が「のぞき柱」(むかい柱とも呼ぶ)によって構成される。これは宮川、古川、国府、河合の各地に例が多くある。通常、上屋と下屋の構造柱を別々に立てるが、この家は下屋部に曲がった柱を立て、この曲がった柱の上部で上屋の構成をさせるというものである。この太い柱は栗の股木を使う。
 屋根は破風のコロビ(傾き)が強い入母屋造りで、破風口は広く、開口部にムシロを吊るしてある。棟の両端には、中央に「かたもたせ」を高く立て、茅を崩れないように止棒を差す。
参考文献
『高山の文化財』24~26頁 高山市教育委員会発行 平成6年

 

関連資料

1-1-9 国指定・吉真家