平湯~高原道、中尾峠、安房峠

平湯~高原道、中尾峠、安房峠
平湯街道
① 平湯街道の概要
江戸時代における飛騨国の国境は、標高が三千メートルもある山脈の屋根上にある。厳しい山脈に四方を囲われている飛騨だが、東の江戸へ、南の尾張へ、西の越前へ、北の越中へと、物資運搬や人の移動には街道が必要であった。
 丹生川地域にも信州へと通じる街道があり、「平湯街道」また、ある時期には「信州への道」として大きな役割を果たして来た。その道筋は町方、坊方、大谷、小野、平湯、安房峠へと進むが、坊方から小八賀川を渡って日当たりのよい北方、法力、瓜田を通る道もあった。
② 平湯街道の道筋
 毎年、十二~三月まで、平湯峠は冬期通行止めであったが、昭和五十三年に平湯トンネルが開通してからは通年の通行ができるようになった。それまでは、高山から冬期に平湯温泉へ行くには十三墓峠、あるいは神岡回りであった。
高山城下町 →
 ア 宝橋 → イ 長坂 → ウ くぬぎ峠 →
 エ 七夕岩 → オ 車田 → 
カ 史跡平湯街道、馬頭観音 → キ 尾崎城 →
ク 森ヶ城 → ケ 荒川家 → 
コ 小野 上野用水取水口 →
 サ 川尻治助が建てた田上家 → シ 飛騨大鍾乳洞 →
ス 伊太祁曽神社 → セ 岩井谷、池之俣 →
ソ 朴ノ木平スキー場 → 
タ 乗鞍山麓五色ヶ原の登山口 → チ 久手牧場 →
ツ 平湯峠 → テ 乗鞍岳 → ト 平湯温泉 →
ナ 平湯峠をゆくニッサン90型バス → ニ 平湯大滝 →
ヌ 安房峠 → ネ 中之湯温泉 → ノ 白骨温泉 →
ハ 道の駅 風穴の里 → ヒ 島々 → フ 松本へ
③ 街道沿いにのこる史跡
ア 宝橋 
 昔の宝橋は城下町高山から平湯へ向かう街道中、最初の橋であった。西側に架橋の跡が残るのみで、今は国道158号に新しい宝橋が架かっている。
イ 長坂(愛宕町、東山町)
 素玄寺と大雄寺の間を抜けてゆく坂で、長い坂である。東へ進んでゆくと、くぬぎ峠の上がり口に至る。
ウ くぬぎ峠(三福寺町、松之木町、曙町)
この峠はかなり急坂で、途中にくぬぎ公園が整備されていて、松之木町側に下ると景色が良い。東小学校の西側に降り、松之木集落を通って旧大八賀村役場建物の前を通過してゆく。
エ 七夕岩(松之木町)
松之木の七夕は、松之木町にある七夕岩で行なわれる行事を中心としている。七夕岩は、大八賀川の両岸に立つ、男岩と女岩の二つの大岩からなる。毎年八月六日(古くは七月六日)に、男岩(左岸)と女岩(右岸、漆垣内側)の両岩に大しめ縄を張り渡し、飾り提灯や、その年男の子の生まれた家では藁の馬を、女の子の生まれた家では糸巻きを吊るし、牽牛織女の二星をまつり、五穀豊穣を祈る。平成二十六年八月六日の七夕には馬五頭、糸巻き三基、行燈八十個が吊るされた。
 この行事は元禄時代以前から行なわれていたといわれ、「飛州志」や「飛騨国中案内」、「斐太後風土記」の中でも紹介されており、古くから遠近に知られていた。
 国道を横断して張られ、危険なために、一時中断したこともあったが、当局との折衝の末、復活をした。
 歴史もあり、他では見られない貴重な民俗行事である。
オ 車田(松之木町)
 金森重頼は、鷹狩(たかがり)の帰途、車田に立ち寄り、当座の一首を詠んでいる。
  見るもうし植うるも苦し車田のめぐりめぐりて早苗取るかな
  現在の植え方は、他の中心に杭を打ち、中心から七本の線を出す。一株の苗を三本ずつとし、一本の線に五株植え、あとはその外側に同心円状に植える。下肥は決して使わない。 古い車田形式の植え方をなお保存しているのは、ここと佐渡だけである。
カ 史跡「旧平湯街道附馬頭観音、一里杭」(松之木町)
 史跡指定は五六七・九メートルで、国道158号線入口から丹生川村境までである。途中の馬頭観音、一里杭を含める。
 江戸時代においては、高山から平湯方面に至る重要な街道であったが、都市化により旧街道の残る地域はここだけになってしまった。道行く人に里数(りすう)を知らせる里杭(りぐい・石標)がここには残存し、欠損してはいるが「従高山□」の文字が読める。また「まこも坂」の登り口には大岩に彫られた二体の馬頭観音がある。向かって左側の馬頭観音は高さ一六〇センチメートル、幅一九〇センチメートルの大岩露出部に、高さ六八センチメートル、幅九三センチメートルの長方形区画を彫り、その中に馬頭観音ほか二体の仏像を浮彫りにし、左端枠外に延享二年(一七四五)の刻銘がある。
  大岩は二個のように見えるが根の方でつながっている。昔ここで駄馬が遭難したので、供養のために造像したという。
キ 尾崎城(丹生川町坊方・ぼうかた)
〈金の鶏が生まれる城〉
尾崎城は、またの名を「金鶏城」という。黄金の鶏が地下に埋まっている、埋蔵金が埋まっているという言い伝えが地元にあり、何時か掘り当てようという人たちがずっと狙っていた城跡である。この金鶏伝説は全国各地にある。山中や長者屋敷、塚の中に金の鶏が埋められていて、中から鶏の鳴き声が聞こえてくるというものが多い。また、欲深爺さんに殺された鶏を、正直爺さんが悲しんで埋めて塚を作ったら、次の朝に金の鶏になって生きかえったという話の掛け軸もある。金が儲かる、長者になるという縁起の良い金鶏としてその軸は床の間に飾られる。
 明治三十九年、尾崎城二ノ丸から備蓄銭が大量に発掘された。宋銭などおびただしい量が出土し、村の人たちで分配したという。その一部は丹生川村の文化財に指定された。
 ところで、尾崎城には誰が在城していたのか。天文年間(一五三二)、宮川筋の北飛騨と越中方面に支配権を持っていた「塩屋秋貞」がいた。秋貞は古川城(古川町)、塩屋城(飛騨市宮川町)、猿倉城(富山県大沢野)などを拠点にしていたが、永禄七年(一五六四)、信州武田側の武将「飯富昌景」らの飛騨攻めにあい、富山に退いている。天文十三年(一五四四)の飛騨兵乱には三木側についていた。天正十一年(一五八三)大沢野で討死している。
 平成六~十年にかけて、丹生川村により城跡の発掘調査がなされ、平坦部の遺構が明らかになった。また石臼、砥石、石製品、陶器が出土し、陶磁器は十五世紀代に製造されたものが中心で、青磁や白磁の高級品が見られる。出土遺物の時期から考えて、塩屋氏の時代より古くから、この尾崎城の場所が舘などに使用されていたと考えられている。六百年も前から尾崎城を中心に政治経済が町方地区で発展してきたのは、飛騨の国の中での大きな地形的利得があったからに違いない。
 
ク 森ヶ城(丹生川町大谷・おおたに)
 室町時代(天文~永禄)の頃に築城され、城主は森大隅守といわれている。
 遺構は、一アール程の山頂に本丸と袖曲輪があり、丘壇状の平地に空掘りなどがあった。ふもとには小屋の跡、天神の祠もある。尾崎城とほぼ同じ時代で、塩屋秋貞について武田信玄の上洛を阻止する役目をしていたという。三木氏との関係から上杉謙信方につき上洛の道すじを守ったものである。尾崎城の副城的役割をもったのではと考えられ、永禄七年、武田軍の乱入で千光寺や尾崎城が焼打ちされた時、同じ運命をたどったのではといわれている。
ケ 荒川家
この平湯街道沿いの大谷集落に、国指定重要文化財の名建築旧荒川家住宅がある。大谷という所は戦国時代から戦略上の重要な場所で、「森ヶ城」という戦国時代の山城が大谷にある。また、朝日、岩井町方面から信州方面への道筋上にあって、重要拠点に荒川氏が配置されたのであろう。
 荒川家は四百年前に金森氏が国主になった頃から肝煎りを務め、元禄時代(幕府直轄地時代)には大谷、小野、根方、白井、芦谷、板殿の六カ村兼帯名主を務めていた。
 間口十一間、梁間八間半の大型農家で、寛政八年(一七九六)建の棟札が残る。裏手にある土蔵も古く、延享四年(一七四七)の普請帳が伝わっている。内部の間取りは四ツ出居が一段高く造られ、慶弔行事、村方寄り合いに都合がよい大広間として利用された。気持のよい巨大空間の贅沢な大広間である。
 農家なので向かって左手に馬屋がある。二階はイロリの煙が上がりやすいスノコ天井で、広大な養蚕作業場が確保されている。
コ 小野 上野用水取水口(丹生川町小野・この)
 上野平に水を引いている上野用水は小野地区小八賀川から取水している。延長○○キロメートルで、昭和二十六年に開通した。
カ 伊太祁曽神社(丹生川町旗鉾・はたほこ) 
「伊太祁曽」は乗鞍の別称で、丹生川地域に伊太祁曽神社は、日面、瓜田、根方、小野、日影、板殿、旗鉾、池之俣の八社がある。乗鞍本宮の里宮とされ、乗鞍岳を神体山と仰ぐ。いずれの神社も祭神は、林業の神である五十猛(いそたける)で、山林業振興が託される。乗鞍岳、小八賀川は地域住民の、文化と記憶の基底を、構成し続けている。
 本社は元、乗鞍の恵比寿岳に鎮座されていたが、元中七年(一三九〇)に久手に遷し、さらに明徳年間(一三九〇~一三九四)に旗鉾字東森に遷座、寛永年間(一六二四~一六四四)になって現在地に奉遷したという。
 現在の建物(市指定文化財)は文化十年(一八一三)に建てられた。流れ造りで斗栱の彫刻も優れている。
 この神社でよく知られている「くだがい神事」は高山市の無形文化財に指定されている。正月十四日に執り行なわれ、六百年前頃から続いている伝統行事である。
 神事は、占い事を書き記したサワラの札(木札)と麻がらを麻皮でしばり、米、小豆、大豆と一緒に粥として釜で炊き上げ、麻の管に入ったそれらの穀物の量により、その年の吉凶を占うものである。その結果は「くだがい帳」に記される。
キ 朴ノ木平スキー場(丹生川町久手)
 昭和四十六年にオープンしたスキー場で、夏はコスモス園が開園する。乗鞍登山バスは、このスキー場の駐車場に自家用車を駐めて乗鞍岳畳平に行く。
ク 久手牧場(丹生川町久手)
 久手牧場は公共の牧場で、面積は約一〇〇ヘクタール、久手牧場管理組合が管理している。
ケ 平湯峠(奥飛騨温泉郷平湯)
 峠は標高一六八四メートル、頂上から丹生川方面を見て、白山が遠望できる。少し上に乗鞍スカイラインのゲートがあり、一般の車は登れない。自転車は登れる。
 平湯トンネルは昭和四十六年に着工し、昭和五十三年に開通、総延長は二四三〇メートルである。冬期にも最短で平湯温泉に行くことができ、安房トンネルも出来てずいぶん便利になった。
コ 乗鞍岳
高山市上宝町、丹生川町、朝日町、高根町、長野県松本市安曇にまたがる山岳。標高三〇二六メートル、頂上に乗鞍神社が鎮座している。畳平までの乗鞍スカイラインは昭和四十八年に開通した。
ケ 平湯温泉
湧出量が豊富で、泉温は46~96度。永禄七年(一五六四)に飛騨へ侵入した武田勢が発見したという伝説をもつ古い温泉。
コ 平湯大滝(奥飛騨温泉郷平湯)
 乗鞍岳の四ツ嶽南端の平湯川(高原川の源流)が落ちる滝で、高さ四五メートルある。冬は氷結して青色となり、訪れる人が多い。
サ 安房峠(奥飛騨温泉郷平湯・長野県松本市安曇)
 平湯と長野県上高地を結ぶ峠で、峠の標高は一八一一メートル、古くから信州と飛騨を結ぶ重要な街道であった。
 永禄二年(一五五九)に武田軍の武将飯富三郎兵衛らは飛騨東部を攻めたが、江馬氏の高原郷、塩屋筑前守の小八賀郷へと通ずる乗鞍の北を越えてきたというので、安房峠を越えたと考えられている。
 峠のある山は「安房山」で、標高は二二一九・四メートルである。
『高山市史・街道編』高山市教育委員会 平成27年発行 より

高原道、中尾峠
① 高原道の概要
 高山から平湯へは平湯街道だが、平湯で安房峠を越えて信州への道と、北方向に折れて神岡方面に向かう高原道があった。現在、旧街道沿いに国道471号が走っている。
 この街道は金森時代以前の街道で、信州―安房峠(または中尾峠)―高原道―神岡―越中の道程が知られる。沿線集落の寺院は曹洞宗が多く、神岡の江馬氏ゆかりの寺が並ぶ。北方向に進んで福地の先、栃尾で東に進むと蒲田、中尾、中尾峠、上高地、嶋々へとつながってゆく。
 また、北方向に進んで、見座集落で西方向に折れると本郷平を経て蔵柱、荒原に至る。荒原で越中東街道に接続する。
 さらに高原道をもう少し北方向に進んで、中山に至り、東に折れて双六を経て山吹峠を越え、神岡の山之村へとつながる。
② 中尾峠へ
 江戸時代の中尾峠への道は福地を過ぎて栃尾で東へ折れ、蒲田を経て中尾の川原沿いに着く。現在の道路は県道475号で、おおむね旧街道に沿っている。県道475号からかなり下に降りたところで、わかりにくいところだが、かつて中尾口留番所の跡がある。
 現在の道路は奥飛騨砂防資料館の三差路で東南方向に坂を上がり中尾集落(温泉)に着き、そこから焼岳方面へ上がると中尾峠に至る。中尾峠への道は急坂な登山道で、江戸時代に中尾峠を越えて上高地へ降りた厳しい道のりが知られる。
 中尾峠には現在焼岳小屋があり、南西方向に登山道を登ると焼岳頂上に至る。
③ 見座から国府八日町への道
 高原道の見座から西へ折れ、河岸段丘の宮原、本郷へと進み、蔵柱、荒原へ西進して荒原の西側で越中東街道に合流、南下すると国府町の八日町集落へとつながる。
 国府~見座までの現在の道路は、県道76号になっていて、道路改良工事が進んでいる。高山市街地から上宝支所へ行くにはこの県道が使われる。
④ 中山から山之村への道
 高原道上、中山から北へ折れて双六、金木戸、森茂(山之村)に至り、下之本、打保、有峰へとつながる。有峰方面には鎌倉街道といわれる古道が伝承されている。
⑤ 高原道と枝道の道筋と見所
 平湯 ― ア 一重ヶ根 ― イ 福地 ― ウ 栃尾 ― 
 (エ 中尾峠へ) ― オ 今見 ― カ 田頃家 ― 
 キ 笹嶋 ― ク 長倉 ― ケ 岩井戸「杓子の岩屋」 ― コ 見座 ― サ 中山、双六 ― シ 神岡東町 
(越中東街道に接続)
⑥ 高原道の集落
ア 一重ヶ根(ひとえがね・奥飛騨温泉郷一重ケ根)
 『後風土記』によると家数三十九軒、黍(きび)やガマハバキなども産出した。一重ヶ根温泉として古くから開かれ、元禄三年には円空が訪れたと伝わる。現在は新平湯温泉という。臨済宗妙心寺派の禅通寺がある。
イ 福地(ふくぢ・奥飛騨温泉郷福地)
 国道471号から西に折れて進むと福地に至る。
 地名の由来は『後風土記』によると、正月に耕地の根雪の上に平湯川の水を引いて雪を溶かすと、その温気で麦が豊かに実ることによるという。
 現在福地温泉があり、温泉旅館が営まれている。
ウ 栃尾(とちお・奥飛騨温泉郷栃尾)
 一重ヶ根を過ぎて、高原川の手前が村上集落で、蒲田川の「たからはし」を渡ると栃尾集落に至る。栃尾小学校があり、右に折れると県道475号で、中尾、新穂高温泉に至る。
 地名の由来は、当地の山の尾に栃の大木があったことによるという(『後風土記』)。『国中案内』によると家数は七軒。
エ 中尾峠へ
 栃尾から県道475号を東へ進むと栃尾温泉、神坂(かんさか)、中尾に至る。途中、神坂には「中尾口留番所」の跡があり、高山市の文化財(史跡)に指定されている。そこから東南方向に進んで高台の中尾温泉に着く。江戸時代の中尾峠へは、中尾温泉地区を通って、東南方向に登山道をどんどん登り、中尾峠へと通ずる。現在の登山道と江戸時代の街道は、何カ所かで切り替わっているところも見られる。『国中案内』によると中尾村の家数は十四軒である。
〈中尾峠〉(上宝町中尾、長野県松本市安曇)
 標高二一五〇メートル、松倉城主三木秀綱と奥方は信濃に落ちのびるとき、この峠を越えて上高地へ降りて、奥方は徳本(とくごう)峠方面へ、秀綱は角ヶ平方面へと分かれたという。 また、弘化三年(一八四六)八月に高山の僧侶が女性と密通して信州へ逃げてゆくとき、左官の江戸屋万蔵外三人が、あとから追いかけた。中尾村新道で話がこじれて、江戸万が打ち殺されてしまう事件があった。「『上宝村史上巻』平成十七年上宝村村史刊行委員会発行 四一八頁」より
オ 今見(いまみ・奥飛騨温泉郷今見)
南向きの斜面に集落があり、江戸時代には煙草を栽培していた。また、サンショウの産地で「今見山椒」といわれて著名であった。現在も特産となっている。
 旧家今見右衛門の姓が村名になった。
カ 田頃家(たごろけ・奥飛騨温泉郷田頃家)
 『後風土記』によると、村名の由来は、古来より桶を作って売っており、「たがの桶」がなまって「たごろけ」になったという。
 『国中案内』によると家数は二十四軒である。
 煙草や藍など多種の特産品が産出されていた。
キ 笹島(ささじま・奥飛騨温泉郷笹島)
 村名は笹が生い茂って島をなしている地を開いて村としたことによる。文政六年(一八二三)播隆上人が笹島の観音堂を起点に村民とともに笠ヶ岳登拝を再興し、登山道を開いた。
ク 長倉(ながくら・上宝町長倉)
 村名の由来は長い「くら(谷の意)」にちなむ。南向きの斜面に集落が立地し、日当たりが良い。板倉があり、集落の上方には棚田が広がる。
 集落上部に臨済宗の桂峰寺があり、多くの文化財を所蔵する。桂峰寺から見る景色はすばらしく、また、棚田からは焼岳がよく眺望される。
ケ 岩井戸「杓子の岩屋」
(いわいど、しゃくしのいわや・上宝町岩井戸)
 播隆上人が修業をした「杓子の岩屋」が集落後ろの山中にある。岩井戸集落から三~四十分の距離で、けわしい山道が途中にある。岩屋からは眺望がよく、本郷平が見える。
コ 見座(みざ・上宝町見座)
 『後風土記』によると、村名は、集落の大橋が流れては困るので罔象女神(みずはのめのかみ)をまつり、「美豆波村」といったが、そのうち「見座」と書くようになったという。後風土記によれば、家数三十七軒、上宝村役場は見座にあった。交通の要衝でもあった。
サ 中山、双六(なかやま、すごろく・上宝町中山、双六)
 高原川に合流する双六川の右岸が双六、左岸が中山集落である。双六を双六川に沿って北に進むと金木戸に至り、さらに北西へ進むと山吹峠を経て神岡の山之村(飛騨市神岡町森茂)に至る。
シ 東町
 中山から県道471号を西方向に進むと、神岡町麻生野、殿、東町に至る。県道471号は、ほぼ旧街道沿いに、旧集落をつないで平湯から神岡へとつながっている。
『高山市史・街道編』高山市教育委員会 平成27年発行より

史跡 石碑「無盡秀全 三十六童供養塔」
明治初期、木喰行書「無盡秀全」が乗鞍岳への登山道を開き、沢上集落から乗鞍岳頂上までに、36本の石製道標を設置した。
この道標は1本約200キロで、童子が刻まれている。現在は肩の小屋から頂上までに3体の像が現存している。
丹生川町地内には、この行書が木っ端により書いた掛け軸が多く残っている。
  平成14年7月24日指定
高山市教育委員会
説明板より
中尾峠
飛騨と信州を結ぶ中尾峠の起点  ―鎌倉街道から飛騨新道へ―
中尾峠は科乃峠とも称され、古くから飛騨と信濃を結ぶ要衝であった。鎌倉と各地を結ぶ「鎌倉街道」も、また長野の善光寺参りの道もこの峠を通ったと言われる。
この峠は、焼岳の爆発、その他で通行できない時期もあったが、江戸時代末には、北陸・飛騨と信州を結ぶ最短の街道として「飛騨新道」が切り開かれ、中尾村の麓の蒲田に中尾口留番所を設置、口役銀の徴収と交通の便を図った。
このお堂の石仏は、江戸時代前期の作で、道中の安全や村人の生活の支えとして、厚い信仰と歴史が刻み込まれている仏像である。
中尾区
上宝村教育委員会
説明板より

高山市指定天然記念物 村上神社のスギ
指定年月日 昭和49年7月3日
所在地 奥飛騨温泉郷村上29番地
所有者・管理者 村上神社
 本殿・手洗場・灯籠・狛犬等に囲まれた神社境内のほぼ中央にある。
 樹勢は盛んで、枝葉を大きく四方に広げ、比較的均整のとれた樹冠をなしている。
 目通りは5.55メートルで、樹高は37.1メートル、樹齢は約600年と言われている。
説明板より

 

関連資料

3-3-1 平湯街道

3-3-2 高原道

3-3-3 史跡 石碑「無盡秀全 三十六童供養塔」

3-3-4 中尾峠

3-3-5 高山市指定天然記念物 村上神社のスギ