日光山輪王寺大猷院

日光山輪王寺大猷院
日光山輪王寺にある3代将軍家光の霊廟(れいびょう)で世界遺産に登録されています。
 大猷院とは家光の法号のこと。祖父である家康を心から深く尊敬していた家光の、死後も家康に仕えるという遺言により、4代将軍家綱によって建造されました。東照宮に比べて規模が小さく華やかさは抑えられていますが、建物は本殿、相の間、拝殿が国宝となっているほか、壮麗な二天門、竜宮城を思わせる皇嘉門(こうかもん)など見どころがたくさん。東照宮とはまったく違う趣となっており、目立たない部分に技巧が凝らされているのが特徴です。大猷院の建物は東照宮に向いて見守るように建っており、家康への家光の敬愛が感じられます。(引用:http://www.nikko-kankou.org/spot/23/)