木地師の集団墓地

木地師の集団墓地
〈市指定〉昭和35年8月29日
 〈所有者〉宗猷寺墓地
 〈所在地〉宗猷寺町宗猷寺裏山
 〈時代〉江戸時代(18世紀)
 〈員数〉1カ所
 轆(ろく)轤(ろ)を使い、木材から椀・鉢・合子などの日用器物を造る手工芸者を木地師という。原材を山間に求めて漂泊した。伝承では、弟に立太子を先んじられ近江小(お)椋(ぐら)郷に隠棲した、文徳天皇の第1皇子惟喬(これたか)親王を業祖とする。
 木地師の墓は山間の住居近くに残すのが普通であるが、宗猷寺には93基の墓が1集団をなしている。禅宗帰依(きえ)の木地師の寺請を宗猷寺(臨済)が扱っていたためである。宝永8年(1711)6月在銘の墓が最も古い。
 高山市教育委員会『高山の文化財』平成6年発行より

 

関連資料

1-3-12 市指定・木地師の集団墓地