津野滄洲墓 市指定史跡

津野滄洲墓 市指定史跡
津野滄洲は享保3年(1718)の生まれ、現在の高山市上二之町に居住し、名を義見、字を有隣、通称を福島屋五右衛門と称した。また蒲公英主、金華主人、金華三愛主などと号し、詩歌、俳諧、書画などをたしなんだ。
当時全国的に石器、奇石の収集家として知られていた近江の木内石亭と交流があり、飛騨においても二木長嘯や森桃林らに影響を与えた。
家業は酒造業、糸問屋を営んでおり、特に蚕業の振興には私財を投じて尽力し、その功により名字帯刀を許されている。
寛政2年(1790)没。法名は勇見了義。ここは一族の墓域で墓に向かって右から2番目が滄洲の墓である。
平成15年3月
高山市教育委員会
説明板より
〈市指定〉昭和30年8月25日
 〈所有者〉雲龍寺
 〈所在地〉若達町1丁目89番地
      雲龍寺裏の墓地
 〈時代〉江戸時代(18世紀)
 〈員数〉1基
  棹石 高さ70㎝ 幅33.8㎝
  台石二重 高さ61㎝
 東山雲龍寺の墓地内にあり、棹石の正面に「故処士滄洲之墓」と刻んである。
 滄洲は名義見、通称五右衛門、金花主人・蒲公英主などと号した。詩文・和歌・俳諧・奇石等を好み、山水を愛し、交友天下にあまねく、この人の勧めで学問を志す者が多かった。また蚕糸業の発展に尽力し、大いに国産の増益をはかったので、幕府はその功を賞して苗字帯刀を許した。寛政2年(1790)7月23日没、享年73、法号勇見了義。
 「金花三愛集」「飛州燕石録」「橋梁図纂」「俳歌廻文詠」「産物狂歌詠」等の著作がある。
参考文献
『高山の文化財』196頁 高山市教育委員会発行 平成6年3月31日

 

関連資料

1-3-8-1 津野滄洲墓・概要

1-3-8-2 市指定・津野滄洲墓