県指定・セイロ倉

県指定・セイロ倉
 〈県指定〉昭和50年7月17日
 〈所有者〉高山市
 〈所在地〉上岡本町1丁目590番地   飛騨民俗村構内
     (旧所在地 吉城郡上宝村鼠(ねず)餅(もち))
 〈時代〉江戸時代末期
 〈員数〉1棟
  倉(1棟)桁行5.6m、梁間4.98m、切妻造、板葺
 角材を積み上げてつくった校倉(あぜくら)様式である。1階は穀物を入れ、2階には道具類を入れた。飛騨地方ではあまり例のない建物である。
参考文献
『高山の文化財』44頁 高山市教育委員会発行 平成6年

 

関連資料

1-2-5 県指定・セイロ倉