県指定・富田家

県指定・富田家
 〈県指定〉昭和50年7月17日
 〈所有者〉高山市
 〈所在地〉上岡本町1丁目590番地   飛騨民俗村構内
     (旧所在地 吉城郡神岡町杉山)
 〈時代〉江戸時代末期
 〈員数〉1棟
  主屋(1棟)桁行14.4m、梁間8.2m、入母屋造、茅葺
 富田家は越中東街道沿いにあった。歴代茂住鉱山の仕送人として荷物や牛馬の中継を営んでいた。
 建物は平入りで、内部は大きく3つに区分され、押入れはない。狭い「ドジ」へ入ると「アガリタテ」があって、左に広い「オエ」、その奥には板間の「デイ」と仏壇のある6畳間の「デイ」がある。「ドジ」の右手には「マヤ」、「ニワ」があって、2階へ上がる階段は「ニワ」にある。「オエ」は板間で、棟下下手寄りに囲炉裏がある。
 奥の「デイ」と「ニワ」は根太天井で、他は簀(すの)子(こ)天井である。前の「デイ」と「オエ」の前2間に幅2尺ほどの縁を設けて、店に立寄る旅人が腰かけて休めるようになっている。また、入口横には帳場があった。
 屋根は丸味のある入母屋造で、破風口は小さく妻側の壁は竪羽目となっている。当家と同じ河川流域に吉真家、道上家があったが、異なる谷筋にあって外観を異にする。吉真はハホザオ、ミズハリがあり、道上は兜造(かぶとづくり)(妻の屋根を切下げて開口部をとったもの)で、カヤ尻の形が異なる。
 昭和45年11月から翌年6月にかけて民俗村へ移築された。
参考文献
『高山の文化財』37~38頁 高山市教育委員会発行 平成6年

 

関連資料

1-2-7 県指定・富田家