若宮修古館

若宮修古館(わかみやしゅうこかん)
岐阜県郡上市にある歴史博物館。昭和42年(1967)創立。代々長滝白山神社の宮司を務める若宮家に伝わる歴史資料・古美術品を展示する。建物は天明5年(1785)に建てられた社家建築。
若宮修古館(郡上市): 若宮家は奈良時代以降、代々白山長滝寺長滝白山神社)の祭祀を司ってきた家柄で、先祖は朝廷に仕える公卿だったとされている。明治時代初頭に発令された神仏分離令で長滝白山神社から分離すると、長滝白山神社の神官となり引き続き祭祀を司っている。白山信仰の中心を成した三馬場(美濃馬場(長滝白山神社:岐阜県郡上市)・加賀馬場(白山比咩神社:石川県白山市)・越前馬場(平泉寺白山神社:福井県勝山市)の中で唯一古来から続く神主家としても貴重な存在である。若宮家住宅主屋は天明5年(1785)に建てられたもので、江戸時代中期の社家建築の遺構として貴重なことから昭和38年(1963)に岐阜県指定重要文化財に指定されている。敷地内には谷垣潤一郎の著書「細雪」の舞台の1つにもなった爛柯亭が移築されている他、若宮家に伝わる美術工芸資料、民俗資料など貴重な品々が展示されている。