郡上鮎

郡上鮎
白山山地にその源を発し、奥美濃山地を流れ下る全国でも有数の自然環境に恵まれた長良川。その長良川水系の上流、郡上市域内で漁獲されるアユだけを「郡上鮎」と呼びます。
古くから、長良川上流域(現在の郡上市内)では良いアユが穫れたため、御漁場と呼ばれる漁場が定められ、皇室に献上されていました。大正時代から始まった共同出荷によって広く全国に流通するようになると、食通をうならせる高級食材として人気に。平成19年に特許庁の「地域団体商標」登録。平成20年には「第11回清流めぐり利き鮎会」グランプリを獲得。『郡上鮎』は名実ともに日本一のブランド鮎となりました。
ヤナ漁
川の中に足場を組み、木や竹ですのこ状に台を作り、泳いできた魚を台の上に落ちてくるのを待つヤナ漁。