長岡宮跡

長岡宮跡
 長岡京
 長岡京は、桓武天皇の命により、延暦3(784)年11月11日に奈良・平城京から、山背(やましろ)の(城)国(くに)乙訓郡(おとくにぐん)長岡村(ながおかむら)に遷された古代日本の都である。延暦13(794)年に京都の平安京に遷されるまでの10年間、当地一帯が日本の首都であった。都の大きさは、東西4.3km、南北5.3kmと広大である。
 当時の詔(みことのり)に「水陸(すいりく)の便(べん)有(あ)りて、都を長岡に建つ」とあり、地名に因(ちな)んで「長岡京」と名付けられた。長岡という地名は、古来より、向日(むこう)神社(じんじゃ)のある低い丘陵(通称 向日(むこう)丘陵(きゅうりょう))を中心とする一帯を指(さ)す。「長岡の」と墨書(ぼくしょ)された飛鳥(あすか)時(じ)代(だい)の土器(どき)が、出(しゅつ)土(ど)している。
<都の中心地・長岡宮>
 都は、宮域と京域に分かれる。宮域は、都の北部中央に位置し、天皇が政治を司(つかさど)る大極殿や天皇の住まいである内裏、国儀大礼をおこなう朝堂院、各役所など、国家(こっか)の中(ちゅう)枢(すう)部(ぶ)が所在(しょざい)したところである。長岡京の時代、「長岡(ながおか)宮(きゅう)」と呼ばれ、そのほぼ全域が向日(むこう)市(し)に含まれる。京域は、宮域を取り囲む街区(がいく)(道路に囲まれたブロック状の区(く)画(かく))である。中央に朱雀大路を配し、大(おお)路(じ)と小(こう)路(じ)を縦(じゅう)横(おう)に通して碁(ご)盤(ばん)の目状に区画されていた。区画内には、貴族の邸宅や役所に勤務する役人の住宅街、東西の市などが置(お)かれ、立派な都市空間を形成(けいせい)していた。
<史跡 長岡宮跡>
 昭和36(1961)年の発掘(はっくつ)調(ちょう)査(さ)により確認された大極殿跡が、昭和39(1964)年に「長岡宮跡」として、国の史跡に指定された。以後、長岡宮跡に関する重要な遺跡が発見されるたびに、同一名称で追加指定が行なわれてきた。         ※説明板より
 大極殿のルーツ
  約1200年前の当地一帯には、現在の東京霞(かすみ)ヶ(が)関(せき)のように国の役所が建ち並んでいた。
 大極殿と朝堂院は、その最も重要な施設である。長岡宮では、回廊(通路のある塀)や築地(土塀)に囲まれた大極殿院と朝堂院を南北に配し、瓦葺きの立派な建物が建てられていた。
 大極殿は、天皇が政治を司る場所である。「大極殿」の名は、中国の宮殿の正殿(せいでん)「太極殿」に由来する。「太極」は、万物の根源、天空の中心たる北極星を意味する。日本の天皇は、中国の天文思想に習って、世界を支配する中心として、地上に「大極殿」を建てた。
 建物の中心には、儀式や謁見の際(さい)に天皇が着座する「高御座」(玉座)が、南向きに据えられていた。長岡京遷都の翌年、延暦4(785)年正月の元旦朝賀が行なわれたと記録にあり、いち早く建設を進めなければならない重要な施設だった。
 飛鳥時代以来、歴代の都では、天皇の住まいである内裏の南に連結して大極殿を設けていた。長岡京に都が遷されると、大極殿は内裏から完全に独立し、「朝堂院の正殿」としての性格が強まった。
 大極殿は、主に朝堂院に出仕する官人(役人)のための天皇の謁見の場として使われるようになった。 
 ※説明板より
 大極殿の規模
 東西(桁行)9間、南北(梁間)4間の瓦葺きの四面庇建物である。長岡京の廃都後に耕作などにより削られていたため、柱の規模は明確には確定することはできないが、建物の土台となる基壇が発見されている。
 基(き)壇(だん)は東西42.8m(約145尺)、南北21.6m(約73尺)、面積約924㎡(約280坪)で、高さが2.4m(約8尺)であったと考えられている。南面に3つの階段、北面に2つの階段と後殿(こうでん)につながる軒廊(こんろう)(屋根付きの渡り廊下)がある。北側の公園の中央まで、コンクリートで1段高くなった部分が基壇を表わしている。 
 ※説明板より
 後殿(こうでん)
 大極殿の真北に建てられた、東西(桁行)7間(27.9m)、南北(梁間)2間(12.8m)、面積357㎡(約108坪)の瓦葺きの建物である。基壇は、大極殿より低く約1.1mの高さと考えられている。
 ※説明板より
 宝幢(ほうどう)
 大極殿の南の前庭に、元旦朝賀(正月の儀式)の際、東西6m間隔に正確に配列された宝幢と呼ばれる7本ののぼり旗が立てられた。長岡宮の宝幢は、元旦の使用例を示す日本で唯一の遺構である。
 長岡宮の大極殿・朝堂院の特徴は、奈良時代の難波宮(大阪市)を解体して移築された点である。それは、一刻も早く平城京(大和)の地を離れ、新しい都を建設するためであった。しかし、一方で、平安京の大極殿や内裏の配置に繋がる特徴も持つ、奈良から平安時代への過渡期の遺跡として長岡宮跡は歴史上重要な遺跡である。
 ※説明板より
 京都府向日(むこう)市鶏冠井(かいで)町にある宮殿跡。京都盆地の西端を南流する桂川の右岸、淀川との合流点に近い向日丘陵に位置する。長岡京は桓武天皇の命により、784年(延暦3)に平城京から遷都し、平安京に移るまでの10年間、都であった。従来「幻の都」とされてきたが、1955年(昭和30)に朝堂院(ちょうどういん)の門跡が、1962年(昭和37)には大極殿跡が発掘されたところから、1964年(昭和39)に国の史跡に指定された。大極殿跡は周辺の石敷、凝灰岩の痕跡などにより、基壇は東西40.3m、南北21.6mと認められ、南面中央と東西に3ヵ所の階段の跡があった。小安殿跡は大極殿跡の北に接し、東西31.55m、南北15.25mの基壇上に桁行7間、梁行2間の建物があったと推定される。その後、築地跡や礎石建物である8つの朝堂の規模も明らかになり、1997年(平成9)には旗飾りのための宝幢(ほうどう)遺構3基が検出された。遺構は長さ約2.1m、幅約1.2m、深さ約0.8mの柱穴で、大極殿の南端から約30m南の位置に、3m間隔で計画的に配置された7基のうちの、東側3基と考えられる。平城宮の大極殿前庭で検出された同様の遺構は、天皇の即位式に際して建てられたものと考えられているが、長岡宮では即位式が行われなかったので、この宝幢は朝賀にともなうものとみられた。付近の向日市文化資料館では出土品と大極殿・朝堂院の復元模型が展示されている。
(引用:https://kotobank.jp/word/%E9%95%B7%E5%B2%A1%E5%AE%AE%E8%B7%A1-1444604)