阿弥陀ヶ滝みそぎ祭り

阿弥陀ヶ滝みそぎ祭り
その昔、白山中宮長滝寺の僧、道雅法師がこの地で修行し護摩をたいたところ阿弥陀如来が現れたことからその名がつけられた阿弥陀ヶ滝は、みそぎのメッカとされていました。
白山からの恵みの水を浴び、身を祓い清め心身ともにリフレッシュするみそぎ祭りは、20年程前、神職グループによって行われ暫くの間は続きましたが、神職グループの代表者の死後自然消滅してしまいました。その後、地元前谷地区の若者グループが発起人となりみそぎ祭りを復活させ現在に至っております。