高松塚古墳

高松塚古墳
壁画
 高松塚古墳壁画は昭和47年3月、橿原考古学研究所の調査により発見された。その後壁画は国宝に指定され、保存上一切公開されなかったので、古墳の隣接地に壁画館を建設し、石槨(せっかく)内部の模型と壁画の忠実な模写・模造を展示することになったものである。古代史解明の貴重な文化財として海外からも広く注目を浴びている壁画を、あらゆる角度から鮮かに再現された。
彩色壁画発見まで…
 高松塚古墳は飛鳥地方の西南部に位置し、この一帯は桧隈(ひのくま)と呼ばれている。渡来人が特に居住したといわれ、周辺には天武・持統、欽明、文武の各皇陵や中尾山古墳、岩屋山古墳などが築かれている。江戸時代の頃、高松塚は文武天皇陵ではないかと伝承されていた記録も多くみられる。
 地元の人が墳丘の南斜面で作物貯蔵用の穴を掘ったところ凝(ぎょう)灰岩(かいがん)の切石を発見、これがきっかけとなって昭和47年3月から調査が行なわれ壁画発見となった。
四神の図と日像・月像
 四神は中国の思想に基くもので古来天子の象徴として用いられ、四方を鎮(ちん)護(ご)し東西南北の方位を表している。青(せい)龍(りゅう)(東)朱(す)雀(ざく)(南)白(びゃっ)虎(こ)(西)玄(げん)武(ぶ)(北・亀と蛇)は星座の形から具象化されたものである。青龍・白虎の上部にそれぞれ日像・月像が描かれており、天井の星宿とともに被(ひ)葬者(そうしゃ)の尊貴性を物語っていると思われる。
人物群像
 男子4人、女子4人各1組の群像が、東西両壁に2組ずつ(計16人)描かれている。男子群像のいずれもが蓋(きぬがさ)、柳(やなぎ)筥(ばこ)、床(しょう)凡(ぎ)、鉾(ほこ)のようなものを持っているのに対し、女子群像は2人ずつが東壁では団扇(だんせん)、払(ほっ)子(す)を、西壁では翳(さしば)、如(にょ)意(い)を持っているのが特色である。どの像も優れた筆(ひっ)致(ち)で実に細かく描かれ、我が国美術、絵画史上優れた作品と評価されている。
副葬品
 発掘時、石槨(せっかく)内から出土したものは海(かい)獣(じゅう)葡(ぶ)萄(どう)鏡(きょう)、銀荘唐様(ぎんそうからよう)大刀(たち)の外装具、ガラス、コハク製の玉類のほか、棺を飾っていた金銅製透飾(すかしかざり)金具、円形飾金具、銅製角釘(かどくぎ)などである。
天井部の星(せい)宿(しゅく)図
 天井石の中央、約1m四方の範囲に描かれた。直径9mmほどの金箔(きんぱく)を円形にはりつけ朱線で結び、星座を表現したものである。東西南北7宿ずつ計28宿を描いている。
<引用文献>「高松塚壁画館」リーフレットほか
1972年、発掘調査によって美しい壁画がみいだされ、有名になった古墳である。明日香村平田にある。径約20mにすぎないが、粘土と砂を交互に一層ずつつきかためて築くなど飛鳥の古墳に特有の、特殊な構造を備えた終末期の古墳の一つである。造られた年代は7世紀末から8世紀初めと考えられている。石室の天井には星宿(星座)、周囲の壁には日・月、四神と従者を配し、死者が永遠の眠りにつく小宇宙を形成しており、中国思想に基づいて貴人の墓にふさわしく飾っている。
高松塚古墳応急保存対策調査会では、早急に、石室内の三方の壁と天井に描かれた壁画の調査をおこなった。壁画は、男・女の人物群像、四神、日、月、星宿である。男・女の群像は、それぞれ4人一組で、東西の壁に、男子像が南寄りに、女子像が北寄りに描かれている。四神は、南壁を除く各壁の中央部に描かれている。日輪は東壁の青龍、月輪は西壁の白虎の上にそれぞれ描かれ、星宿は天井の中央部にちりばめられる。扉石の内側には、朱雀が予想されるが、漆喰が剥離しており、わからなかった。人物像の足の位置は、龍・虎の脚先とほぼ一線をなし、人物像の高さは、およそ40cmである。
壁画は、長い年月や盗掘によって、傷つけられていた。例えば壁の漆喰に亀裂を生ずるほか、西壁上部などでは、これが原因となって漆喰が剥落している。また、天井と側壁の接合部分の一部から鉄分を含んだ水が滲みでたため、そこから下辺にかけて、赤褐色に汚れている。このため、東西両壁の男子群像と青龍の一部が、著しく不鮮明になっている。盗掘穴から流れ込んだ土砂によって埋もれた個所の漆喰は、汚れ、剥落している。また、顔料の剥落が著しい個所は、東壁女子群像の頭部と腹部、西壁男子群像の一部、青龍の尾の周辺、日輪の下辺などにみられる。このほか、玄武には、意識的に掻き落としたとみられる側壁材にまで達する打痕があり、日輪、月輪の中心部にも、金箔や銀箔を意識的に掻き取った形跡が認められる。
(引用:https://www.asukanet.gr.jp/ASUKA2/TAKAMATUTUKA/takamatutuka.html)