了徳寺

了徳寺

了徳寺の鐘楼は真宗寺院としては異彩ともいえる四神による四方守護の欄間彫刻を施しているが、これは了徳寺開山・了専和尚が栗原神社の社人であった関係といわれている。
1448年栗原神社の社人・栗原衛門が本願寺存如上人に帰依し、了専となって開創したのが了徳寺である。



 

前の記事

富士社社殿

次の記事

加賀禅定道