前谷棚田

前谷棚田

岐阜県・郡上市 ・白鳥町(しらとり)・前谷
棚田の名前は「正ヶ洞」です。棚田百選の一つです。
川を挟んだ遠く対岸に全景が観える展望 ポイントからの眺めです。
郡上市白鳥町は、古くから白山信仰の登拝拠点となっており、前谷地区から、
分水嶺である檜峠を越えて石徹白地区へと続く旧道は、かつて白山信仰で栄えた歴史街道です。
正ヶ洞の棚田は、この街道沿いに戦国時代から江戸時代初めにかけて開墾された水田です。
限られた耕地面積を有効に活用するため、法面は石積で形成され、
これが美しい棚田の景観を生み出す要因にもなっています。



 

前の記事

ひるがの分水嶺

次の記事

白山禅定道