天生湿原

天生湿原

一年の半分を雪に閉ざされる天生峠は、飛騨市河合町と大野郡白川村の境です。泉鏡花の小説「高野聖」や東山魁夷画伯「山雲」の舞台になっています。
この峠を中心に、高山植物群、高層湿原、ブナ原生林、深淵な渓谷など雄大な自然を体感できます。雪解け直後の6月のミズバショウに始まり、ニリンソウ、サンカヨウ、ニッコウキスゲなど、9月中旬頃まで四季折々の花々に出会えます。

前の記事

那谷寺

次の記事

長良川上流(昭和33年)