天領時代-5 江名子川に架かる橋・下流からその2

天領時代-5 江名子川に架かる橋・下流からその2

金森氏は高山城下町をつくる際、東側の防御として自然の河川の江名子川を掘とした。空町と呼称される武家屋敷の場所東側を流れていて、北流する。
江名子川は、神通川水系の 1級河川で、豪雨時の水量が近年多くなり、河床の掘り下げ工事が行われ、深い川になっている。
川沿いに色彩舗装がなされて歩きやすい雰囲気になっていて、春の桜がきれいである。


資料

②天領時代-5 江名子川に架かる橋・下流からその2