白山文化重要文化財

白山文化重要文化財

白山瀧宝殿
 長滝白山神社は、長良川下流域から白山山頂まで続く修験の道(美濃禅定道)の拠点として、平安から室町時代を中心に白山への参詣者で大いににぎわいました。この館はその敷地内にあり、文化財展示室内では長滝白山神社や白山長瀧寺に安置されていた白山信仰ゆかりの神像や仏像群などを公開しています。

 

 

 

前の記事

白山文化博物館

次の記事

白山比咩神社