長瀧白山神社・六日祭準備の様子(花奪いの花作り)

長瀧白山神社・六日祭準備の様子(花奪いの花作り)

毎年1月6日に長滝白山神社で「六日祭」が行われ、国重要無形民俗文化財の「長滝の延年」が古式ゆかしく奉納されます。
延年とは本来寿命を延ばすというめでたい言葉ですが、平安・鎌倉時代に奈良・京都の大寺院で催される遊宴芸能を指す言葉になりました。
「長滝の延年」は白山中宮長滝寺で大晦日から7日間行われた修正会の最後の日に若い僧や稚児が芸能で僧侶や神主を労い、また新年にあたり国家安穏、五穀豊穣を祈るものでした。
延年の舞の途中から勇壮な「花奪い」が行われるため、「花奪い祭り」とも呼ばれます。
この「花奪い」とは、拝殿の高さ6mの天井に吊るされた5つの大きな花笠を人梯子を組んで奪い合うというもので、この花を持ち帰ると、豊蚕、豊作、家内安全、商売繁盛になるといわれています。

前の記事

長良川の上流から下流まで

次の記事

長瀧白山神社