飛騨の匠ミュージアム

飛騨の匠ミュージアム

飛騨世界生活文化センター内にある、飛騨高山地域の家具作りを中心とした生活文化用品を展示する博物館。飛騨の匠の歴史は飛鳥時代から、年貢の代わりに宮殿や仏閣の造営に携わったところに始まる。千数百年前その時代の帝が用いた家具を復刻した展示は、「飛騨の匠」の木づくり文化とその技が、今の建築や祭の屋台に受け継がれていることを示している。
また現代の飛騨の家具の展示では、デザイン賞を受賞した名作椅子、座り心地も良くデザイン性にも優れた椅子が約100脚展示され、すべて座って触れて座り心地を試すことができる。

前の記事

袋中寺

次の記事

吉島家住宅