県指定・前田家

県指定・前田家
 〈県指定〉昭和50年7月17日
 〈所有者〉高山市
 〈所在地〉上岡本町1丁目590番地  飛騨民俗村構内
     (旧所在地 吉城郡上宝村神坂(かんざか))
 〈時代〉明治32年(1899)
 〈員数〉1棟
  主屋(1棟)桁行19.5m、梁間11.8m、切妻造、板葺、2階建、西面下屋付属、東北面庇付属、板葺
 前田家は、上宝村で1、2を争う豪農であり、構えが大きく意匠も形態も優れている。建物は、栃尾温泉の東、穂高連峰の西山麓に抱かれた蒲田川沿いの神坂にあった。明治32年、高山の大工によって建てられたもので、人も馬も、1つの入口から出入りする特殊な形をしている。
 内部は、入口「ドウジ」に入ると正面に「マヤ」がある。左手には「エン」があって、「オエ」、「六ツデイ」に通ずる。右手は、便所、水屋、「ニワ(ダイドコ)」へと通じている。「六ツデイ」は、戸を全部はずすと42畳として使える広い部屋となる。「六ツデイ」のうち奥の2間は、「オクノデイ」、「ブツマ」で、床の間と仏壇があり、間仕切りの鴨居上には、特徴的な筬(おさ)欄(らん)間(ま)が立てられる。
 2階へは「ニワ」から階段で上がり、2階は間仕切りがなく、養蚕ができるようになっている。天井は、中央のオエが簀子(すのこ)天井、座敷部が棹縁天井、他は根太天井である。
 外観は、町家風に小庇をつけ、1・2階ともセガイ造りとし持送りで支える。角柄窓があるのも、農家としては珍しい。大きな庇屋根は、片流の上部を折り曲げた招き屋根となる。正面の犬走りは、長大な石を旧所在地からわざわざ持ち込んで敷き並べている。
 昭和45年11月から翌年6月にかけて、民俗村構内に移築された。
参考文献
『高山の文化財』41~42頁 高山市教育委員会発行 平成6年

 

関連資料

1-2-6 県指定・前田家