県指定・新井家

県指定・新井家
〈県指定〉昭和50年7月17日
 〈所有者〉高山市
 〈所在地〉上岡本町1丁目590番地
            
 飛騨民俗村構内
     (旧所在地 大野郡清見村池本)
 〈時代〉江戸時代後期
 〈員数〉1棟
  主屋(1棟)桁行15.8m、梁間10.9m、切妻造平入り、板葺、南面下屋付属板葺
 この家は、高山市の西に隣接する清見村池本の小鳥川沿いにあった。背後に山が迫り、狭い水田の間にあった。建築時期は江戸後期と推定され、明治43年に4寸の垂木に取り替え、2mの積雪にも耐えられる屋根に改造している。
 間取りは、広い「オエ」を中心に「ニワ」、「ダイドコ」、「チョウダ」、「ブツマ」、「デイ」を周りに配する。前側は広い「エンゲ」となり、「マヤ」は家の中に取り込んでいる。雪が多く寒い地方にあって、馬が家族同様に大事にされていたことがわかる。「ブツマ」には仏壇と床があるが、この部屋の鴨居には蛤刃釿の痕がある。オエから階段を昇ると、2階は広い1部屋の空間となる。簀子床で、蚕が飼われていた部屋である。
 外観は低く、どっしりとした感じを与える。構造は、1間毎に梁をかけて束を立て、母屋を支えている。飛騨の里へ移築後、屋根を改造し、煙出しをつけ、部屋の換気を考えた。小庇にはムクリ破風をつけているのが目につく。榑(くれ)板葺建物の標準的形態を持つ。
 昭和45年11月から翌年6月にかけて、民俗村の現在地に移築された。平成2年に榑板屋根の葺替を行なっている。
参考文献
『高山の文化財』36~37頁 高山市教育委員会発行 平成6年

 

関連資料

1-2-1 県指定・新井家